小児歯科が教える子供の歯磨き嫌いの対処法

by author



小児歯科は子供の歯の治療や歯並び、噛み合わせの矯正、歯科検診、歯磨き指導、フッ素塗布などを行ってくれる歯科です。
子供の虫歯を予防するためには毎日の歯磨きが大切ですが、歯磨きを嫌がる子供も少なくありません。


小児歯科では歯磨きを嫌がることもに対してなぜ歯磨きを嫌がるのかという理由をみつけることを行ってくれます。

NAVERまとめの最新情報が揃っています。

歯磨きを嫌がる理由は、子供によって様々でその理由がわからなければ正しい歯磨きを教えていくことができないからです。親は子供が歯磨きを適当にしたり、やらなかったりするとついつい厳しい口調で問いただしたりしがちですが、小児歯科では言っていることが理解できる年齢であれば優しく聞き出してくれます。

歯磨き粉の味が嫌いとか歯ブラシが痛かったからとか大人にとっては何でもないようなことが子供が歯磨きをしたくない理由であったりするのです。

まずは理由を聞きだしてから歯ブラシや歯磨き粉を変えるなどして、それに加えて歯磨きを毎日続けることができるように親にも対処法を教えてくれます。
小児歯科が親に教えてくれる対処法は、子供が歯磨きをしたらほめてあげることです。



歯磨きが嫌いと言う意識から少しずつ楽しいと言うものに変えていくためには親がほめてあげることが大切なのです。



子供と一緒に歯磨きをする時間を持つことや、ちゃんと磨けてるかチェックしてきれいにできたねと褒めること、親が笑顔で歯磨きが楽しいことなんだと教えることが子供の歯磨き嫌いを改善する方法なのです。