歯周病を放置することの恐ろしさとは

by author



歯周病は、原因菌が歯垢内部で増殖して、それによって歯肉や歯茎、歯槽骨に影響が出てくる口腔内疾患です。


虫歯とは違い、歯に対しての影響が少ないのが特徴で、しかしその分、症状が進行しても痛みらしい痛みがないことも多い症状です。


予防のためには歯周病菌を除去するのが一番で、そのためには丁寧な歯磨き、歯科で適宜、歯垢除去を行ってもらうことなどが有効です。

歯周病は症状を放置すると、様々な恐ろしい状況を引き起こします。

たとえば、歯が抜け落ちてしまうと言う状況です。



最初の内は歯肉がぶよぶよになったり、歯茎がぐらつく程度の症状でおさまっていますが、それが進行すると、やがてその影響は歯を支えている骨、歯槽骨にまで及んできます。

この歯槽骨の骨が破壊されてしまっては、歯は自立することができなくなってしまいますから、どんどんと抜け落ちていく一方です。歯は、健康的な生活を送るため必要な、ありとあらゆる機能を担っている重要な部位です。

そのため、歯が抜け落ちることは健康的な生活が脅かされることにもつながります。



それから最近では、歯周病と全身疾患の関係も取りざたされています。

菌が口腔内から血管に侵入し、全身を巡ることによって、脳血管疾患や心臓疾患などの発症リスクが高くなると言われています。

更には糖尿病や高血圧、認知症の発症にも関係していることも研究によって明らかにされています。

NAVERまとめの新しい魅力を紹介します。

特に認知症に関しては、歯が抜け落ちることで話す、噛むことに支障が出てきて、それによって更に症状の程度が進行することも明らかになっています。

ですから、全身の健康を保つためにも歯周病予防に努めること、症状を放置しないで早期治療を受けることは非常に重要なです。