歯周病の進み方と治療法

by author



日本人は、虫歯を予防する意識は高いのですが、歯周病に対する意識は低いと言われています。虫歯は、歯がしみたり、痛みなどの自覚症状があり、比較的早く見つけることができる病気ですが、歯周病は静かに進んでいく病気です。
まず、健康な歯茎はピンク色でハリがあります。


きちんとした歯磨きをしていれば、健康な状態を保つことができますが、歯に付いた汚れをそのままにしておくと、細菌が繁殖していきます。



細菌は毒素を出し、その毒素により歯茎は腫れていきます。

腫れた歯茎は赤黒く、ブヨブヨした状態になります。

痛みがないので、そのままにしている人が多いですが、腫れた状態は悪化していき、歯を磨くと血が出るなどの症状も出てきます。

この毒素は、歯茎を腫らせるとともに、歯を支えている骨を溶かしていきます。

ゆっくりですが、確実に溶かしていく進行性の病気です。

朝日新聞デジタルに関するアドバイスです。

一度溶けてしまった骨はなかなか元の状態には戻りません。



歯周病が恐ろしい病気と言われるのは、このせいです。
骨がなくなると、歯には全く問題がなくてもグラグラと動いていき、自然に抜け落ちてしまいます。

歯周病は、ならないように予防することが大切ですが、症状に気づいたらすぐに歯科医院を受診しましょう。

歯の汚れが固くなって歯ブラシでは取ることのできない歯石を、専用の機器で除去したり、場合によっては細菌の繁殖を抑える薬を使うこともあります。

症状がひどい場合は、外科的な治療も行われます。